妊娠中の腰痛はひどい!?初期から中期、後期の症状と対策方法

妊娠中の腰痛はひどい!?初期から中期、後期の症状と対策方法

なってみるとつらい腰痛ですが、妊娠中の妊婦さんは腰痛に悩まされる事が多いです。妊娠中には他のつわりやめまいがする場合も相まって、立ち上がることすらできなくなってしまう人もいます。今回は妊娠中の腰痛に対する症状と対策方法を紹介していきます。

腰痛ドクター
妊娠中の腰痛は日常生活に支障をきたすことも多いです!対策などをしっかり知っていきましょう!

なぜ妊娠中に腰痛が生じる?

妊娠中に起こる腰痛はなぜ起こるのでしょうか?それは体型の変化や女性ホルモンに左右されることになります。どういった原因があるのかを知っておきましょう。

腰痛の原因①:赤ちゃんの重さで姿勢(骨盤)が変わってしまう

これは赤ちゃんがお腹の中で大きくなればなるほど体の重心が前の方になっていきます。それにつれていつもの姿勢を維持する事ができなくなってしまい、骨盤姿勢が変わって猫背になってしまいますそれが原因で腰痛になる事が考えられます。

腰痛ドクター
赤ちゃんの重みで妊娠前の姿勢が維持できなくなってしまうからですね!

腰痛の原因②:リラキシンの作用

妊娠をすることで骨盤の周りに卵巣ホルモンのリラキシンが分泌されます。これは赤ちゃんが骨盤の通りを通れるようにするために関節や靭帯に柔軟性を持たせる役割を持ちます。それは骨盤の恥骨付近を緩めることになりますので、結果他の筋肉などで姿勢を維持しようとしますので、腰痛が起きてしまいます。

赤ちゃんが産まれるための準備の一つとして避けられない症状の一つです。

腰痛の原因③:運動不足による血行不良

つわりによる吐き気や嘔吐など具合が悪くなる症状が出てしまう人も当然います。その人が体調が悪くて普段のように体を動かす事ができず運動不足によって筋肉を動かすことで血行不良を起こすことで腰痛が発生します。

運動不足だからといって無理に身体を動かすことはやめましょう!腰痛が悪化することや体調に負荷をかけてしまう可能性があります!

腰痛の原因④:心理的な腰痛

実は腰痛の大多数の人には病名がつきません。病名がつかないことから非特異的腰痛と呼ばれています。その中には心理的な要因(ストレス)によって、引き起こす場合があります。妊娠中にはストレスがかかることも多いので、それが原因でストレスになってしまう場合があります。

腰痛ドクター
妊娠中の腰痛は赤ちゃんを産むために必要な体の変化から生じてしまいます。できる対処法からやっていくようにしましょう!

妊娠の腰痛はいつから始まる

妊娠中の腰痛は初期の段階から始まります。特に先ほど説明したリラキシンの分泌は妊娠初期の段階から分泌されますので、そういった意味では妊娠による腰痛は初期から始まります。

腰痛ドクター
つわりも妊娠の兆候の一つとして発生するように、妊娠の腰痛も初期の段階から発生することになります。

妊娠の初期、中期〜後期の段階で発生する腰痛の症状

では妊娠期において、それぞれの期間でどのような腰痛の症状が違うかを見ていきましょう!

腰痛ドクター
妊娠は期間によって症状が異なります!

妊娠初期の症状:ホルモン作用による身体の変化

妊娠が始まってから、子供を産むための準備はすぐに身体の中で始まってきます。それが妊娠初期ではリラキシンという女性ホルモンが作用することで骨盤周りが緩む事が始まります。

その骨盤周りが緩んだ分を他の筋肉でフォローしようと負荷がいつも寄りかかってしまうことで腰痛が発生します。この時期は、骨盤周りの靭帯などが緩んでしまっているので、ぎっくり腰が起きやすくなってしまいます。

腰痛ドクター
腰痛がひどい時に無理して重いものを持つのはぎっくり腰が発生してしまう原因にもなります。無理な負荷はかけないようにしましょう!

妊娠中期〜後期の症状:体重増加で姿勢に変化が起こる

妊娠初期のつわりなどがつらい時期を超えると安定期になってきます。その時に変化としては、妊婦の食欲が戻ってきて食欲旺盛になるとともに、お腹にいる赤ちゃんも大きく、重くなってきます。

そのため体重が10キロ程度変化することになり、さらにお腹に体重が偏ることになり、前に偏りそうな姿勢を維持しようと逆に反ることになります。

腰痛ドクター
前のめりになってしまうお腹の重みを維持しようとすることで湾曲した姿勢になってしまいます。

妊娠中の仕事は腰痛を悪化することに!?

様々な仕事があるので一概に言えない部分もありますが、妊娠中の仕事は無理のない範囲で行いましょう。特に長時間の座り仕事の場合、特に腰に負担がかかりやすいので、無理に仕事をしないようにしましょう!

腰痛ドクター
仕事は無理のない範囲で行いましょう!

妊娠中の腰痛と流産は関係がある?

妊娠中の腰痛が流産と関係あるかどうかといえば、関係はないと言われております。ただし、腰痛が発生する時に流血も伴っている場合であったり、体温の低下や下腹部の痛みなどの兆候がある場合には、注意が必要です。

我慢せずに産婦人科の先生に相談するようにしましょう。

腰痛ドクター
腰痛と流産に直接の関係はないですが、身体の変化の兆候としてきになるものがあれば先生に相談しましょう!

腰痛の対策方法

今までは妊娠期において、どのような症状が発生して、なぜ腰痛になってしまうのかを説明してきました。それでは、腰痛が発生した時にどんな対処法があるかについて説明していきます。

対策方法①:患部を温める

腰痛は姿勢を維持しようとして、筋肉に緊張が発生することから起こります。そのため患部を温めることで患部の痛みが和らぐことがあります。そのため、お風呂の時に湯船に浸かって、全身の血行を良くしましょう。

シャワーでは体温を下げてしまう入り方もあるので、なるべく湯船に入るようにしましょう。

対策方法②:軽い運動をする

軽い運動をすることで運動不足が解消され、血行が良くなるので腰痛が和らぐことがあります。とはいえ、腰痛が発生している時に無理に運動をすることは逆効果です。

無理のない範囲でウォーキングやストレッチなどをできる範囲で行ってみましょう!

腰痛ドクター
身体を動かして!

③腰痛マッサージをする

腰痛が発生しているときは、腰周りの筋肉にコリが発生しています。そのため患部をマッサージしてあげてコリをほぐすことで和らぐこともあります。

④骨盤ベルトをする

腰痛で歩くこともつらい場合には、骨盤ベルトの使用を検討しましょう。骨盤をベルトでサポートするので、腰にかかる負荷が軽減されることになります。

妊娠期はリラキシンのホルモン作用で骨盤周りの靭帯が緩んでしまい、腰痛を発生しやすいです。

また、妊娠は時間を経て赤ちゃんは重くなっていきますから、その分姿勢の変化が起こり腰痛が発生します。体重も10キロ程度変化することで負荷もかかるので、骨盤ベルトをお勧めします。

通常の腰痛ベルトと違い、妊娠中の骨盤ベルトは通常よりも下の位置に装着することをお勧めします。赤ちゃんがいる部分をきつく締めないようにしましょう!


ゼクシィ内祝い

【リクルートと三越、伊勢丹】のコラボレーション

三越・伊勢丹の包装紙で贈り物に格式を!!




ゼクシィ内祝いなら三越や伊勢丹の包装紙がご利用できますので、格式ある贈り物を演出できます!なんと税抜き2,500円以上の注文で送料無料です!お得なゼクシィクーポンも注目です。





「創業1926年ギフト専門店『シャディ株式会社』」

全国約3,000店が加盟する地域密着の店舗
・メルマガ登録で500円クーポンGET!