【教えます!】格安SIMのMVNOを選ぶと携帯料金が安くなる理由3つ

 

あなたがスマホの月々にかかる料金を安くしたいと検討したときに、なぜ大手キャリアではなく、格安SIMを選んだら安いのかを知りたいのではないでしょうか。格安SIMが安くて選ばれるには理由があります。

その理由を知らずして、格安スマホを利用してこんなはずじゃなかったと後悔しないようにしましょう!

そもそもSIMとは?

スマホを使ったことがある人は聞いたことがあるSIM。これは一体なんでしょうか。

SIMって何だろう?SIMカードっていうのは聞いたことがあるね。
そう!SIMとはSIMカードにつかwれるものよ!

SIMカードとは、スマートフォンや携帯電話に使われるネット通信に必要なカードのことです。SIMカードには、それぞれの端末を個別に認識できるよう番号が振られております。その固有の番号を識別することでネットなど通信のやり取りをすることができるものです。

SIMに固有の識別番号が振られているということは、住所と似ている識別番号ということかな?
そう!住所がないと郵便物の送受ができないように、ネット通信の場合でもSIMカードに割り当てられた識別番号を元に、データを送ったり受け取ったりしているのよ!

SIMはsubscriber identity moduleの頭文字をとったものです。直訳だと「加入者識別モジュール」というところでしょうか。使っている人を特定できるからこそ、データ量の管理やメールの受け取りや電話番号をかけることができます。

あなたがスマホを使っているのであればSIMカードは入っていることになります

SIMカード入れた記憶がない!?

この説明を聞いて、中には自分の携帯にSIMカードが入っていないのでは?と思う人がもしかしたらいるかもしれません。

それはなぜでしょうか。

それは、SIMカードをキャリアショップで購入した人は、スタッフの人などが新しく購入した端末にSIMカードを入れてくれるケースがあるからです。

新しく携帯を購入した時に、元々SIMカードが入っていた空き箱だけを渡された記憶はないでしょうか。その空き箱にSIMカードが入っており、スタッフの人が端末に入れていたからなのです。

機種変する時に必要だったりしますよね!その時に差し入れするのがSIMカードなんだね!
そういうことです。毎日見るものではなく、機種変などの場合にたまに見るものなので、実物のイメージがわかない人もいるかもしれないですね。

 SIMカードのサイズの種類

SIMカードにはサイズの種類が3つあります。標準SIM(=miniSIM)やmicro SIM(マイクロSIM)、nano SIM(ナノSIM)の3種類です。

サイズこそ違えど、SIMカードの役割は個々の識別ができることです。その点において相違はありません。

どちらかというと、スマホを作る色々な会社の規格に合わせて作られているからサイズが違うと言えるかもしれません。

標準SIMのサイズ
標準SIMのサイズは、25mm×15mm(縦×横)です。3種類の中では最も大きいサイズですが、最近ではあまり多いSIMカードではありません。
microSIMのサイズ
microSIMのサイズは、15mm×12mm(縦×横)です。標準SIMとは違ったmicro(マイクロ)からも分かる通り、標準SIMより小さいサイズです。2から3年前ほどのAndroid機種で利用されていますが、まだまだ現役で今でも格安SIMに使われています。
nanoSIMのサイズ
nanoSIMのサイズは、12.3mm×8.8mm(縦×横)で最も小さいサイズです。iphone5以降に採用されており、最近のAndroidでも採用されています。今後の新機種のほとんどがnanoSIMとなるでしょう!

格安SIMはなぜ安い?

格安SIMは最近になってよく聞く言葉です。格安というからには安いのですが、なぜ安いのか理由を改めて知っている人はいるでしょうか?

なぜ、格安SIMが安いのか理由を説明します。

安い理由①:通信インフラ費用がかかってない

大手キャリアと呼ばれるドコモやソフトバンクやauにはそれぞれの会社が持っているネット基地局があり、ネットワークがあります。それぞれのキャリアがコストをかけて、アンテナを立て基地局を全国に作っているからこそ、全国的にネットが繋がるようになっています。

今はほとんどの全国エリアで携帯のネットがつながりますが、昔はそうではありませんでした。昔の携帯キャリアの選ぶポイントに対応エリアがどこまでか、という時代もありました。

裏を返せば、自社の専用通信基地局を全国に展開することは、非常にコストがかかります。

でも、その格安SIMを提供するMVNOにはその会社専用の通信回線を持ちません。格安SIMを提供するMVNOは専用回線を持たずして、全国対応でネットをつなぐことができます。

MVNOとは

MVNOとは仮想移動通信事業者のことを示します。自社の専用回線を持っていない業者のことです。昨今のスマートフォンの料金プランを安く提供してくれる会社のことを言います。

それは、一体どういうことでしょうか?

格安SIMを提供するMVNOは、会社専用の通信回線がない。。。じゃあどうやってネットをつなぐことができるの?
大手キャリアには通信回線があります。一方で格安SIMのMVNOには通信回線がありません。裏を返すと?

格安SIMを提供するMVNOに専用の通信回線がないのに、ネットをつなぐことができる理由は「大手キャリアの通信回線を借りているから」です。

なるほど!大手キャリアの通信回線を借りているからこそ、全国対応でネットをつなぐことができるんですね!
そうなの!大手キャリアは今まで自社の通信回線を解放してくれたからこそ、格安SIMという言葉ができたんですよ!
そっか。もともと新規参入がしやすい業界だったけど、大手キャリアのインフラ通信が利用できるなら、新しい競争もできるね!

ゼロから通信基地局を作らずに、既にある大手キャリアの通信基地局を借りてネットをつなぐ・・・だからこそインフラ整備の費用がかからないで安くネットを提供することができます。

大手キャリアが通信網を解放したからこその恩恵です!これがあるからこそ格安SIMが生まれました。

安い理由②:店舗数が少ないから

これも格安である所以ですが、みなさんが大手キャリアと携帯の契約をする時には、実際に各キャリアの店舗に行って契約してきたと思います。

多くの場合は携帯ショップに行って、店頭契約することになりますが格安SIMを契約するにはその限りではありません。

なぜなら、格安SIMを提供するMVNOの多くが大手キャリアより店舗数が少ないです。大手キャリアより安い料金プランを提供するために、実店舗を構えすぎず店舗コストがかからないようになっています。

そっか!店舗があると月々の賃料がかからないから、その分料金を安くすることができるんだね!
その他にも店舗があるとそれを運営するショップの店員さんの人件費など様々なコストがかかってきます!その費用が掛からない経営をしているから安いプランを提供できるんですよ!

安い理由③:キャリアのようなメールアドレスがない

格安SIMを提供しているMVNOを選ぶとキャリアメールアドレスがありません!これが安くできる理由の1つですよ!
キャリアのメールアドレスがないってなに?何かないと不便そう!
キャリアのメールアドドレスとは、ドコモなら「~@docomo.ne.jp」、ソフトバンクなら「~@softbank.jp」、auなら「~@au.com」のメールアドレスのことよ!
僕も持ってるよ!でもなくなると不便じゃないかな?
最近はLINEで連絡やり取りを行ったり、キャリアメールアドレスではなく、Gmailのフリーアドレスで足りてしまうことも多くなりました。絶対に必要という訳では最近はなくなりましたね!
確かに最近は使わないかも。。。使わないと感じている人であればデメリットにはならないね!

格安SIMを提供しているMVNOが安い理由に、大手キャリアのようなメールアドレスが発行されないことも理由のひとつです。

昔の携帯の連絡やり取りは、今のLINEのようなアプリはなかったので、キャリアのメールアドレスが主流でした。

ただし、昨今はGmailなどのフリーアドレスやLINEといったアプリの連絡手段があるので、キャリアのメールアドレスも必要なくなりました。

そこを逆手にとって、格安SIMでは大手キャリアと違ってキャリアのメールアドレスを発行しないことで、経営にかかるコストが抑制できるからこそ安く料金プランを提示することができます。

安い理由④:自分にあった料金プランが選べる

今の携帯の料金プランと通信容量と実際に使っている通信料を教えてみてくれる?
ええっと、今はギガプランで20GBまでが速度制限が掛からない通信容量かな。月々に実際使っているのは7GBぐらいかな。
その20GBに対して7GBの使用量だと残りの13GB分の料金を払っているのはもったいなくないかな?
ん~でも、速度制限がかかるのが嫌で、それで今ある料金プランで適しているのが20GBなんだよ!
そう!大手キャリアの通信プランには、自分の通信容量に細かく合わせたプランがない方が多いです。だけど、MVNOの料金プランは細かくデータ通信の容量が設定されているので、自分に本当にあった料金プランがあるよ!
ええっ!じゃあ10GBの方がちょうどいいかも!その分安くなるなら尚更いいな!
もちろん10GBのプランもあるよ!!

格安SIMの料金プランが大手キャリアに比べて安くなる理由の一つに、料金プランが大手キャリアより豊富であることが理由のひとつです。

そして自分にあった通信容量の料金プランを選択することができるので、自分の携帯の使い方に合わせた料金プランが選択できます。

格安SIMで安い業者であれば、2GBや3GBであれば1000円を切る料金プランもあります。

今まで速度制限が嫌でギガプランをして、余分に払っていた人も本当に自分に適したデータ通信容量プランが選べるからこそ自分の携帯の料金が安くなる可能性があります。

もし、その容量を超えてしまって速度制限が掛かってしまい、速度制限を解除するためには月の途中でも通信料を買いますことで速度制限を解除することができます。

まとめ

格安SIMを選ぶことであなたの携帯料金が安くなる理由は下記があげられます。

通信インフラ費用がかかってない
格安SIMを提供しているMVNOには、専用のネット通信基地局がありません。各大手キャリアの通信インフラを借りています。通信インフラを整備する必要がないからこそ、設備コストがかからず、安い料金プランが提供できます。
店舗数が少ない
多くのMVNOには、大手キャリアに比べて店舗数が圧倒的に少ないです。その店舗運営にかかるコストを抑えることで、安い料金を提供することができます。
キャリアのメールアドレスがない
MVNOには、キャリアのメールアドレスがありません。今の時代では必要性が少なくなった、キャリアのメールアドレスを発行しないことで、経営コストを少なくすることができています。
自分に合った料金プランが選べる
格安SIMには、必要な通信容量に応じた料金プランが豊富です。そのため、本当に必要な分の通信容量の料金プランを選ぶことで、余分な料金を払わず安くすることができます。


ゼクシィ内祝い

【リクルートと三越、伊勢丹】のコラボレーション

三越・伊勢丹の包装紙で贈り物に格式を!!




ゼクシィ内祝いなら三越や伊勢丹の包装紙がご利用できますので、格式ある贈り物を演出できます!なんと税抜き2,500円以上の注文で送料無料です!お得なゼクシィクーポンも注目です。





「創業1926年ギフト専門店『シャディ株式会社』」

全国約3,000店が加盟する地域密着の店舗
・メルマガ登録で500円クーポンGET!