赤ちゃんの健やかな成長を願うお食い初めいつやる?祖父母に料理は任せる?

お食い初め

赤ちゃんの健やかな成長を祝う「お食い初め?」。赤ちゃんにとっては一生に一度のもです。だからこそ外せないイベントになってきます。

今回は赤ちゃんの成長を願う「お食い初め」のお作法について紹介していきます。

今回紹介のお食い初めセット





お食い初めとは?

お食い初めは平安時代から始まった古来から伝わる日本古来の儀式です。一生食べることにならないようにと、赤ちゃんの健やかな成長を祈ります。

お食い初めはいつやる?

お食い初めは、およそ生後100日〜120日の乳歯が生え変わる時期を目安に行います。目安となっていますので、必ずしもきっちり100日を守らなくても大丈夫です。

お食い初め儀式のお作法は?

男の子ならお父さんかお祖父ちゃん。女の子ならお母さんかおばあちゃんの膝の上に

お食い初めのお作法として、赤ちゃんが男の子ならお父さんかお祖父さんちゃんの膝の上抱くようにしましょう。もし、赤ちゃんが女の子なら、お母さんもしくはお祖母ちゃんの膝の上に載せます。

お料理は食べさせる真似で

膝の上に赤ちゃんを抱いたら、お料理を食べさせる真似をしましょう。

歯固めの儀式は、石の箸をつけ、その箸を赤ちゃんの歯茎にちょんちょんと当てます。

歯固めの儀式は、丈夫な歯が生えてくることを願う儀式です。

食べさせる真似をする役はできれば祖父母

食べさせる真似をする役は、できるだけ祖父母にやってもらうのが良いでしょう。そこには祖父母の「長寿にあやかる」という意味があります。

最近では、都合が合わないケースもあります。その場合は、両親がやっても問題ありません。

お食い初めの料理は祖父母に任せるべき?

最近では、お食い初め

お食い初めの食器について

お食い初めを実施するにあたって、正式なのは漆器で高足の御膳を使用するのが正式です。古い習わしでは、男の子は内外共に赤色の御膳を、女の子の場合には外が黒色、うちが赤色の御膳です。

ただし、最近ではこの習わしにとらわれず、儀式の後も引き続きて使用できるようなベビー食器などで代用することもあります。家族で簡単に用意できる食器で儀式を行うことも最近ではよくあります。

最近では、ディズニーキャラクターのお食い初めセットやアンパンマンのベビー食器セットも使用するケースもありますよ!

一生に1度だから是非記念写真を忘れずに

お食い初めは赤ちゃんにとっては、一生に1度の大切なイベントです。是非幸せなひと時を写真に収めてください。いつか成人になって写真を見せて、幸せのひと時を思い出してみてください。

お食い初めのお祝いの品【子ども箸】

お子様の入園、卒園、お誕生日、お食い初めのお祝いの品

お子様の入園、卒園、お誕生日、お食い初めのお祝いの品として『名入れができるお箸』はいかがですか?

お名前はもちろん、クラス名や日付、メッセージなども入れることができます。

和食の老舗がお届けする「お食い初め」セット

食の老舗がお届けする逸品の品々。

また、逸品の数々も「棒寿司」「鰻」「蟹」「松阪牛」「ふぐ鍋」といった特徴ある商品がズラリ。
「本格料亭の味をご家庭へお届け」がコンセプト
本物の「味」をご提供致します。


ゼクシィ内祝い

【リクルートと三越、伊勢丹】のコラボレーション

三越・伊勢丹の包装紙で贈り物に格式を!!




ゼクシィ内祝いなら三越や伊勢丹の包装紙がご利用できますので、格式ある贈り物を演出できます!なんと税抜き2,500円以上の注文で送料無料です!





「創業1926年ギフト専門店『シャディ株式会社』」

全国約3,000店が加盟する地域密着の店舗
・メルマガ登録で500円クーポンGET!