オーダーメイドシャツでおしゃれクレリックシャツを作る時の定番カラーとネクタイの合わせ方

みなさんの中には、どのシャツを着こなしとして用意しておけば良いのか迷う人もいるのではないでしょうか。

平日が5日あることを考えると最低でも5着はシャツが必要です。その中にクレリックシャツを入れていただくことをオススメします。

特にオーダーメイドシャツでは、色々とシャツの種類を迷うかもしれませんので、その中にクレリックシャツを選択肢として持っておくことをオススメします。

クレリックシャツとは?

クレリック(cleric)とは、「聖職者、牧師」という意味を持ちます。

クレリックシャツとは、襟や袖口とボディ部分の色が異なっているシャツで最近着用する人を見かけるのではないでしょうか。

そもそも、クレリックとは和製英語であり、正式名称は「ホワイトカラードシャツ」と言った呼び名があります。

イギリスのチャールズ皇太子が結婚式で話題になったことをきっかけに、欧米ではフォーマルな服装として普及してきております。

クレリックシャツがオススメな理由

最新トレンドのデザイン

先ほどのお伝えしたようにクレリックシャツは公式な場で、チャールズ皇太子が着用したことからフォーマルな服装として普及しており、日本でもトレンドとして販売されるようになってきています。

髪のコンサルタント
確かに爽やかでおしゃれですね!

オーダーシャツのご紹介✨ 今回は襟と袖口に白無地の生地を使用したクレリックシャツを👔 襟とカフスが白色なので清潔感のある雰囲気を醸し出し、上品でドレッシーな印象に🎶 女性からも評価の高いクレリックシャツはいかがでしょうか😄 #オーダースーツ #オーダーシャツ #スーツ #ジャケット #ベスト #オーダー #オーダーメイド #クレリック #クレリックシャツ #ウィンザーワイド #サムライビスポーク #SamuraiBespoke #北浜 #淀屋橋 #神戸 #元町 #結婚式 #二次会 #成人式 #おしゃれ #おしゃれさんと繋がりたい #モテたい #もてスリム #あなただけの1着 #世界に1着 #体にあった #遊び #ファッション #短納期

Samurai bespoke 北浜 オーダースーツさん(@samuraibespoke)がシェアした投稿 –

襟と袖口とボディの色違いがアクセントでおしゃれ

クレリックシャツは、襟と袖口とボディ部分の色が違うことで、ワンアクセントになっており清潔感があって、爽やかな印象が生まれます。

毎日同じタイプのシャツばかりではなく、たまにスタイルを変えたシャツを着ることで、おしゃれな着こなしのバリエーションが生まれます。

クレリックシャツの定番カラー

クレリックシャツの着こなしで注意点があります。

あまり袖口や襟とボディ部分の配色を間違えるとシャツのインパクトが強くなり過ぎてしまいます。

そのため、ベーシックな配色となる襟と袖口が白色でボディ部分が水色となるベーシックなパターンの方がオススメです。

さらに、ストライプタイプと無地のパターンをそれぞれ用意すればおしゃれなシャツの着こなしができます。

他にも、襟や袖口が白色で薄いパープル記事のボディタイプもおしゃれで爽やかになります。

クレリックシャツとネクタイの合わせ方

おしゃれなクレリックシャツを着るのであれば、なおさら重要になってくるのがネクタイとの合わせ方です。

せっかくおしゃれなクレリックシャツなのに、ネクタイとの配色があわなければ非常にもったいなくて、ダサくなったしまいます。

そのため、ネクタイとの合わせ方を学んでいきましょう!

おしゃれなクレリックシャツを引き立たせるネクタイを選ばないとね!

ネクタイとの合わせ方で最も重要なのは、シャツの色にネクタイの中の1色を取り入れると統一感があっておしゃれな雰囲気を演出することができます!

定番カラーである襟と袖口が白でボディ部分が水色なら、ネクタイは濃いネイビーにするとおしゃれになります。

オーダーメイドシャツだからこそクレリックシャツ

オーダーメイドシャツは、自分の体型にあったシャツに仕立てることができます。

おしゃれなクレリックシャツですが、自分の体型にあっていないとおしゃれに見えません。

だからこそ自分の体型にあったシャツで、クレリックシャツを着用することでできるビジネスマンを演出してもらいたいのです。

実際に私も平日5日間のシャツの着こなしの中で、クレリックシャツは2着用意しています。

無地のシャツとクレリックシャツを着こなしのローテーションの中に入れるからこそ、おしゃれで清潔感のあるビジネスマンが演出できるとはずです。