オススメ!登山用レインウェアの選び方ポイントを6つまとめて見ました。

登山をする時にしっかり用意しておきたいのが登山用レインウェアです。コンビニなど一般に売られている雨具では、登山をする上ではよくありません。何回も本格的に登山をするのであれば、しっかりとしたレインウェアを選んでほしいと思います。今回は登山用のレインウェアを選ぶオススメポイントを6つ紹介していきます。

レインウェアは、1度良いものを購入すれば長く使うことも可能です。自分にあったレインウェアを選ぶようにしましょう!

レインウェアの選び方ポイント

ポイント①:レインウェアのデザインと機能を確認

登山用のレインウェアは、素材だけでなく登山をする上で快適かつ機能的です。登山を何回も本格的にされるのであれば、デザインや機能面で優れたレインウェアを選ぶことをオススメします。

レインウェアのフードをチェック!

レインウェアのフードは頭上に落ちる雨を防ぐ重要な役割を持ちます。レインウェアのフードの左右にあるドローコード(紐)を調節(引っ張って)して、視界を妨げずに頭にしっかりフィットするものを選ぶ必要があります。

レインウェアのポケットの位置をチェック!

レインウェアのポケットは行動中でも、ポケットの中身を取り出せるように、ウエストベルト(腰の位置)よりも高めの位置に設計されているものが一般的です。サイズ感を合わせるときにも注意するようにしましょう!

レインウェアのポケットで最近の流行りは、止水ファスナーを採用したものです。止水ファスナーは完全防水ではありませんが、スタイリッシュなレインウェアのデザインとなります。

レインウェアのパンツの裾をチェック!

レインウェアのパンツを着脱しやすいように機能面で気をつけたいのが、パンツの裾が靴を履いたままでも着脱しやすいようにファスナーが開くようになっているかを気にしましょう!

ポイント②:レインウェアのサイズ選び

レインウェアのサイズ選びは、キツキツのものを選んではいけません。登山では重ね着したままでレインウェアを着用することが想定されます。そのため、レインウェアのサイズは若干大きめのサイズを選ぶようにしましょう!

ポイント③:レインウェアを着た状態での動きやすさ

登山は一定の動きだけでなく、様々な動きをしますので動きやすさは重要なポイントです。動作性の良い立体裁断のものや、ストレッチ素材があるものがオススメです。

ポイント④:軽さと耐久性

表の生地は、引き裂きの強度が高いリップストップナイロンを使用したモデルが、比較的軽量で耐久性にも優れています。

ポイント⑤:レインウェアのカラーはどうする?

レインウェアのカラーは好みで選ぶのが良いと思いますが、晴天の昼まで違って雨が降っているときは若干視界が悪くなりますので、悪天候でも識別しやすいように明るめの色で、なるべく他のメンバーとは違う色を選ぶのをオススメします。

ポイント⑥:防水耐久性と透湿性を備えたレインウェア

レインウェアを選ぶ上で重要なのが、雨を防ぐ「防水耐久性」と汗などの蒸れを素早く放出するための「透湿性」です。雨が降ると、湿気が増してレインウェアを着ている分、蒸して汗を掻くことが多くなります。そのため、レインウェアの快適性にこだわるのであれば、防水耐久性と透湿性を兼ね備えたものを選んでほしいです。

それを選ぶために知っておくべきレインウェアの素材を二つ紹介します。それは「ゴアテックス素材」と「その他の防水素材」です。どちらをレインウェアとしてオススメするかで言えば、ゴアテックス素材を強くオススメします。ゴアテックス素材でできたレインウェアは防水透湿性素材で蒸れにくく、耐久性に非常に優れています。

実際に私もレインウェアはゴアテックス素材のものを持っています!ゴアテックス素材は、少し高めですが防水透湿性は高いので何回も登山をする方であれば選ぶべき素材です!
その他の防水素材とは

その他の防水素材とは、各メーカーがオリジナルで開発した防水素材です。ゴアテックスに比較すると安価なものです。

レインウェアと合わせて揃えたいグッズ

レインウェアのように雨天時の対策グッズは他にもあります。ここではレインウェアと合わせて揃えたいグッズについて紹介していきます。まだ、揃えていない人はこれらのグッズも合わせて雨天時の登山に用意してほしいと思います。

レインウェアと揃えたいグッズ
  1. レインハット
  2. ザックカバー
  3. レイングローブ
  4. スパッツ
  5. メンテナンス用スプレー

レインハットは、防雨・防風だけでなく紫外線や頭部への飛来物による怪我を防ぐためにもなります。レインハットの素材においてもゴアテックス素材のものがありますので、できるだけゴアテックス素材のレインハットを選ぶのがオススメです。

ザックカバーは、ザック購入時に最初から備え付けられているものもありますが、ザック内部への雨の侵入を防ぎ、中の衣類や装備を濡れから防ぐ重要なグッズです。ザック購入時についていないのであれば購入しておきましょう!

レイングローブは、雨を防いだり風を防いだりするだけでなく、寒さ対策としても非常に有効です。また、岩場を登る時にはケガの防止にもなりますので、用意しておきたいグッズです。

スパッツは、靴の中に雨水や砂利が入る物防ぎます。雨が降った時にズボンや靴にかかる泥は掃除で落ちづらいものなので、汚れ防止としても活躍する品物です。

登山グッズの買い替えで捨てるものは買取ショップへ

登山グッズは快適性があるものを選ぶと、高価なものになりがちです。そのため、少しでもお金を節約するために、今ある登山グッズを買い替えて購入する場合は、登山専用の買取ショップで査定をすることをオススメします。「GEAR HACK」では、オンライン上から申し込んで今持っている登山グッズを買取査定してくれることが可能です。

アウトドア買取の「GEAR HACK」
「GEAR HACK」とは

業界認知度NO.1のアウトドア用品買取サービス「GEARHACK」 年間800万人のアウトドアユーザーが注目中!

  • 査定・送料・キャンセル料は完全無料
  • 高額買取のため、買取成約率はなんと93%!!!
  • 国内最大級のアウトドアメディア運営している会社で、査定歴10年以上の知識に富んだプロが安心して査定!

 

まとめ

以上がレインウェアの選び方のオススメポイント6つを紹介していきました。何回も登山を行う方であれば、レインウェアはこだわっておきたいものです。私のオススメはゴアテックス素材の中から、自分にフィットしそうなレインウェアを選ぶのをオススメします!

レインウェア選びのポイント6つ
  1. レインウェアのデザインと機能(ポケットの位置、フード、ズボンの裾)
  2. サイズ選び(少し大きめのものを選ぶ)
  3. 動きやすさ
  4. 軽さと耐久性
  5. カラー
  6. 防水耐久性と透湿性を備えたもの(ゴアテックスオススメ)

登山グッズの買い替えで捨てるものは買取ショップへ

登山グッズは快適性があるものを選ぶと、高価なものになりがちです。そのため、少しでもお金を節約するために、今ある登山グッズを買い替えて購入する場合は、登山専用の買取ショップで査定をすることをオススメします。「GEAR HACK」では、オンライン上から申し込んで今持っている登山グッズを買取査定してくれることが可能です。
アウトドア買取の「GEAR HACK」
「GEAR HACK」とは 業界認知度NO.1のアウトドア用品買取サービス「GEARHACK」 年間800万人のアウトドアユーザーが注目中!
  • 査定・送料・キャンセル料は完全無料
  • 高額買取のため、買取成約率はなんと93%!!!
  • 国内最大級のアウトドアメディア運営している会社で、査定歴10年以上の知識に富んだプロが安心して査定!